クリーニング資材・機械販売、衛生管理洗剤・資材販売なら|(株)エムシーエス

先頭に戻る

BLOG

2020/09/12 電気屋さんが除湿機を売るならこの方法です。

こんにちは。

 

昨日から島根県へ。

 

もちろん仕事です。

 

go toのキャンペーン中だからでしょうか?

 

ホテルは人が多い。

 

満室だそうです。

 

それでも

 

3密対策で

 

「食事は2回交代。」

 

「席は間隔を開ける。」

 

なので満席でも広々です。

 

こんな人との距離感が普通になるんでしょうね。

 

 

 

 

 

 

感染対策として広さも大事ですが

 

「ブロック」

 

も大切です。

 

飛沫感染シールド

 

これが対面の接客では欠かせなくなる。

 

昨日と今日はこれを設置していました。

 

雨の島根。

 

この2日間ずっと雨。

 

そして、市内と回って気づいたことは

 

「コインランドリー」

 

これが多い。

 

スーパーも横には必ずこれがある。

 

コンビニの横にもこれがある。

 

何か隙間があればこれがある。

 

人口に対するコインランドリー件数は

 

日本一じゃないでしょうか?

 

そして、雨が降っているからか?

 

どこも繁盛している。

 

それだけコインランドリーは島根では欠かせないサービスなのでしょうね。

 

「雨だから外に洗濯物が干せない。」

 

「乾かないから洗濯できない。」

 

その対策としてコインランドリーという選択肢しかないのか?

 

「家で干す方法はないのか?」

 

我が家んではこれで対策しています。

 

2畳ほどの洗濯ルームに干し場を作りました。

 

この中で干す。

 

そして、除湿を稼働。

 

(少々大きめの機器がお勧めです。)

 

これでコインランドリー要らずです。

 

島根県の皆さん

 

コインランドリーはあまり利用したくない。

 

という方は

 

こんな洗濯干し場システム

 

どうですか?

 

街の電気屋さんは除湿機売るならこれとセットがお勧めです。

 

「どんなレイアウトにすればいいの?」

 

「どんな資材が必要なの?」

 

そんな相談にお答えします。

 

詳しくはこちらから

 

https://www.mcs-clean.net/contact.html

Before
新生活様式の必需品の飛沫対策パーティション
今のニーズは何か。
Next