クリーニング資材・機械販売、衛生管理洗剤・資材販売なら|(株)エムシーエス

先頭に戻る

BLOG

2020/05/21 マスクはクリーニングできますか?

おはようございます。

会社の紫陽花ももう少しで花が咲きそうです。

 

これが咲き始めると

 

「夏」

 

だなって気になります。

 

そして今年の夏は

 

ウィルス対策をしないといけない。

 

マスクをつけたまま仕事。

 

どんな影響が出るでしょうか?

 

例年以上に暑さ対策は必要です。

 

クリーニング工場内では昨日紹介した

 

「ドライミスト」

 

これで

 

暑さとウィルス

 

二重対策も有効です。

 

そしてこれも忘れずに。

 

「塩分補給」

 

業務用サイズのタブレットも例年即完売です。

 

今年はなんでも

 

「火がつけば売り切れる。」

 

工場管理者の方は

 

「早めに準備」

 

それを怠ってはいけません。

 

 

今年のお勧めはこれ。

 

毎日何回も口に入れるタブレット

 

同じ味では飽きてしまいます。

 

そこでこれです。

 

3種類の味が楽しめます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

布マスクを作った。

 

布マスクを支給された。

 

作業用は布マスクになった。

 

使い捨てが不足することで

 

布マスクで何度も使う。

 

増えてきました。

 

その布マスクですが

 

夏になっても必要不可欠です。

 

そして、今以上に洗濯する必要が増えてきます。

 

その洗濯方法ですが

 

「桶にお湯を入れる。」

 

「中性洗剤をその中に入れる。」

 

「手でもみ洗いをする。」

 

「数回すすぐ。」

 

「手で絞って自然乾燥する。」

 

コツとしては

 

「洗濯機で他の衣類と同じように洗わない。」

 

「絞りも同様。」

 

そして1番大事なことは

 

「自然乾燥」

 

すなわち

 

「乾燥機を使って乾かさない。」

 

これが1番のポイントです。

 

乾燥機を使うことで

 

「縮んでしまう。」

 

「形が変わる。」

 

そんなトラブルに。

 

「これじゃ使えない。」

 

となります。

 

 

 

 

 

企業でも

 

「社員用のマスクを布にした。」

 

「そのマスクをクリーニングできないか?」

 

「リユースできていいのでは?」

 

しかし、クリーニングするとなると

 

手洗い

 

手絞り

 

自然乾燥

 

となると

 

一枚10円なんて金額じゃできません。

 

コスト面

 

衛生面

 

企業が社員に配布するなら使い捨てがベストですね。

スラックスのテカリを修正する。
Next