クリーニング資材・機械販売、衛生管理洗剤・資材販売なら|(株)エムシーエス

先頭に戻る

BLOG

2020/09/14 布団のクリーニングは生産性が鍵です。

おはようございます。

 

会社に入るなり

 

「エアコンオン」

 

でしたが今朝は

 

「涼しい。」

 

を通り越して

 

「寒い。」

 

そんな朝です。

 

省エネで経済的ですが

 

食欲の秋です。

 

こちらで消費しそうです。

 

 

 

 

食欲を満たす食材

 

この値段が高騰しています。

 

その原因は

 

「悪天候」

 

もありますが、それだけじゃないそうです。

 

人材がいない。

 

農業においても

 

「外国人研修生」

 

これが需要な労働力です。

 

ところがコロナによってその外国人が日本に来れない。

 

なので十分な収穫ができないので価格が高騰。

 

冬の楽しみというと広島なら

 

「牡蠣」

 

ですがここでも外国人研修生は多く働いています。

 

今年の収穫はどうなるのでしょうか?

 

あらゆる分野で必要とされる

 

外国人研修生

 

この方々が来れない対策が必要です。

 

クリーニングも同様なことが起きてます。

 

人材に頼らない生産性の向上。

 

これがコロナ後の勝ち組になります。

 

「シャツの生産性を上げる。」

 

「スーツの生産性を上げる。」

 

それも大事ですが

 

これを忘れてないですか?

 

「寝具類」

 

これらはクリーニングでは

 

「入荷が少ないアイテム」

 

逆に

 

「受け付けたくないアイテム」

 

その理由は

 

重たい

 

場所を使う

 

引き取りが悪い

 

その割に

 

クレームになる

 

洗濯で事故になる

 

といったアイテムです。

 

しかし、寝具類は

 

「1年で一番人に触れているアイテム」

 

洗濯しなければいけないアイテムです。

 

この洗濯で生産性を上げる方法は

 

「乾燥時間の短縮と簡素化」

 

これが最大の方法です。

 

従来なら

 

「太陽の力を借りて乾燥」

 

ですがこれからは

 

「機械の力で乾燥」

 

そして機械への投入や搬出が生産性の向上になります。

 

クリーニング業界以外でも

 

こんなニーズに対応した機械の開発ができます。

 

先日も

 

「食品の乾燥」

 

という企業から乾燥機の案内がありました。

 

この技術なら布団や寝具の乾燥に応用できそうです。

 

クリーニングと異業種の架け橋

 

mcsではそのような相談も受け付けます。

 

お問い合わせはこちらから。

https://www.mcs-clean.net/contact.html

Before
ニーズにあった商品を提供したい。
洗濯には、固形純石鹸は必需品!!!
Next