クリーニング資材・機械販売、衛生管理洗剤・資材販売なら|(株)エムシーエス

先頭に戻る

BLOG

2020/09/13 香りが服に残ってしまう前に。

おはようございます。

 

県外に行くと

 

「ご当地の食べ物。」

 

必ず食べてしまいます。

 

昨日の選択肢は

 

「うなぎ」

 

ネットで検索すると

 

「すぐに満席。」

 

「待ち時間がある。」

 

という情報がありました。

 

到着時間は午後1時過ぎ。

 

お店に入ると

 

「2名の待ち。」

 

これはラッキー。

 

ほぼ待ち時間なしで入店でした。

 

そして完食後、お店を出ると表にはこれが出てました。

 

午後1時40分には閉店です。

 

危うく食べ損ねるところでした。

 

営業時間3時間。

 

コロナで飲食業界は大変な状況。

 

しかし、ここにはそんな影響はない様子です。

 

 

 

 

 

 

ところで

 

「うなぎ」

 

の美味しさって

 

お店から出ている香り

 

これだけで完全にお腹がなります。

 

そして目の前に御重が出てくる。

 

その蓋を開けた瞬間が最初の一口でもあります。

 

それぐらい香りは大事な要素。

 

しかし、食事が終わって帰りの車で

 

「車内にうなぎの香りが臭いに変わる。」

 

満腹であの香りは

 

「もうくどい。」

 

に変わる時があります。

 

しかし、その香りが

 

服にまでしっかり染み込んでいる。

 

中々、抜けないです。

 

これ焼肉でも同じことがあります。

 

広島ならお好み焼きなんて時もそうです。

 

「あれ?」

 

「あんなに服にこびりついた臭いがしない。」

 

そんな効果がある加工があります。

 

衣類に

 

「消臭」

 

これは臭いを消す方法。

 

それ以上に

 

「防臭」

 

という加工がそれです。

 

事前にこの加工をすることで

 

「食事の臭いが衣類に染み込まない。」

 

そんな効果を発揮します。

 

これ市販の消臭剤と大きく効果の違いが出る加工です。

 

シャツやスーツ

 

ブラウスやスカート

 

そんな衣類に消臭防臭加工で

 

日本中をgo to しませんか?

 

 

 

 

 

 

クリーニングもgo to前に消臭防臭加工

 

これをアピールしませんか?

 

ご当地ものに香りはつきものです。

 

そんな加工剤はあるの?

 

そんなお問い合わせはこちらから。

 

https://www.mcs-clean.net/contact.html

Before
今のニーズは何か。
ニーズにあった商品を提供したい。
Next